『トキメキ☆成均館スキャンダル』に夢中。 ホーム »用語・歴史。
カテゴリー「用語・歴史。」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: --   cm: --

■当時の階級制度。  

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!


基本的に『トキメキ☆成均館スキャンダル』の登場人物は皆、両班階級の人々が主でしたね。

そんな中、ドラマではヨリムは自らが「中人」であることに苦悩と葛藤を抱えている様が描かれていました。そもそもこの「中人」とは何か?両班とは何か?当時の階級制度はいかなるものであったのか?


朝鮮王朝時代は釈迦に身分制度を導入して、厳格な格差を通じて国を治めた時代だそう。そのため、ほとんどの国民は、生まれついた家の親の職業をそのまま受け継ぎ、その地を離れることなく一生を終えることになったそうです。このあたりは日本の江戸時代の士農工商制度とほぼ同じような感覚でしょうか。

以下は基本的に『朝鮮王朝500年の秘密』より抜粋。



---------------
 良人(ヤンイン)
---------------
国王が国民と認めた人。「両班」「中人」「常民」の3つの身分で形成されていた。

■両班 ヤンパン (ソンジュンパパやハ・インスパパ、及びその家族)
両班とは宮中で国王の前に並ぶとき、文官は東側(東班)に、武官西側(西班)に整列するように決められたことから、東と煮士の両方の官吏を指す言葉が語源の、宮中で働く高級官吏たちのこと。 
もともとは科挙に受かれば誰でも両班になれることになっていたのだが、どこの国でも同様の話で、上に立ったもののところにお金が入ってくるのが世の常。両班たちは権力を上手に使いながら、しだいに冨を蓄え、いつの間にか世襲制になっていった。

つまり貴族ではなく、支配階級とか特権階級という考えのほうがしっくりくるのかな、と思われます。


■中人 チュンイン (ヨリム)
文字通り、両班と常民の中間にあたる階級。雑科の科挙を受験できる資格を持っている。
もともとは常民と変わりなかったが、高度な専門知識や技術を代々伝えるうちに、宮中でも重宝され、結果、常民より1ランク上の階級が作られたのだ。
また、このような専門職とは別に中人の身分になった人々もいる。それは両班の妾が生んだ子どもである「庶孼」。彼らは、国の法律によって両班の身分を剥奪され、文官の科挙を受けることができず、「偽両班」と揶揄されていた。そのため、おのずと専門技術職に従事するようになったとのこと。

ヨリムは両班から族譜を買い、つまり他人の系譜を買い、他人の一族に成りすまし、両班となっていたものと思われます、多分・・・汗。だからこそ、成均館に入学し、文官になるための勉強ができたのでしょう。

朝鮮半島の族譜(ぞくふ、チョクポ)は中国の族譜を範としてつくられたもので、朝鮮においては15世紀までさかのぼることができる。
1403年につくられた水原白氏の族譜が現存最古の族譜とされるが、この族譜は序文しか残っていない。両班たちの間に宗族概念が浸透し、祖先祭祀や相続の制度が定まっていく朝鮮王朝(李氏朝鮮)中期の16世紀以降に族譜の編纂が広く行われるようになった。火事に遭った場合、最初に持ち出すのは族譜といわれたほど重要な地位を占めるようになった。
朝鮮の親族集団には、姓と始祖・本貫を同じくする宗族集団があり、その中で有力な人物(著名な学者・政治家など)を派祖とする派と呼ばれるグループに分かれている。「族譜」には、25~30年ごとに派ごとに編纂される「派譜」と、宗族全体を収録した「大同譜」がある。
伝統的な族譜は、宗族の男性構成員について、生没年月日、経歴、配偶者などが記載される。配偶者は姓と本貫のみの記載であり、女子には本人の名が載せられずに夫と子の姓名・本貫が記される。



■常民 サンミン
朝鮮王朝の初期で最も人口が多かったのはこの常民。ほとんどが農民で一部が商人。



---------------
 賤民(チョンミン)
---------------
国民としての社会的地位が与えられていない人たち。お金で売買される場合もある。とはいっても欧米の奴隷とは異なり、働くことにより一定の収入を得ており、中には常民よりも裕福な生活を送っている人もいた。

■奴婢
賤民の中でもっとも人数が多い。
中央政府や地方の役所で働く者を「官奴婢」、両班などの家で働く「私奴婢」という。彼らの主な仕事は雑用全般だが、実入りが多くて常民よりも裕福な生活をしているものもいたらしい。

■芸生 キーセン (チョソン)
賤民とはいえ、宮中の言葉遣いや読み書き、音楽、書画などの芸術や教養を身につけていたため、有名な芸生ともなると、王族や両班と対等に渡り合えるような気位の高い女性もいたのである。また芸生は「一牌」「二牌」「一三牌」と3つの階級に分かれている。
 「一牌」 宮中に仕え、女楽として歌舞を披露する超一流の人たち。今風に言えば、国家公務員に相当する。
 「二牌」 役所や両班の家に出入りする。歌や踊りだけではなく、密かに身を売っていた人たちだ。
 「三牌」 身を売ることが目的の酒場の酌婦をしていた。

他、医女、僧侶、職人がいたようです。僧侶が賤民?と驚きますが、時代と国の違いで身分にも大きく差が出てくるのだわ、と思った瞬間でしょうか。

wikipedia 李氏朝鮮の身分制度



暑い中、オリンピックが始まりましたね。趣味の一つにスポーツ観戦があり、生活が狂いまくっています汗。今は体操団体の予選を見ながら、ハラハラを抑えるようにしてこれを書きました・・・ああ、頑張れ!日本男子!!!






韓国ドラマ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 用語・歴史。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

■ソンジュンが目指した「ソンビ」とは?  

ドラマに関しては記憶が定かではないのですが、原作本のソンジュンは「士大夫(ソンビ)」を目指していると記載されています。ユニへの思いに悶えながら、「士大夫(ソンビ)になるべく生きてきた僕が・・・」と激しく葛藤されており、この言葉の意味がちょっと気になっていました。

と、同時に、この「士大夫」のルビ「ソンビ」がわたしにはどうもゾンビ、ゾンビに見えて、仕方がなかったのですが・・・そのせいでなんか頭が混乱しちゃっていました。が、改めて調べてみると全く異なりますね・・・汗←当たり前www


そもそも「士大夫」とは中国が由来の言葉のようです。

旧中国における支配階級の称。古代社会に天子,諸侯,大夫,士,庶民の5階層があったという伝えに基づく。士以上は支配階級に属し,君主の庶民統治を助けるものであるが,ただし士大夫の語の意味するところは,時代によって異なる。
引用元 http://kotobank.jp/word/%E5%A3%AB%E5%A4%A7%E5%A4%AB


時代によって意味が異なるようですが、概ね、まぁ支配層ということのよう。


これが朝鮮では・・・

高潔な人「ソンビ」とは?
 ソンビとは、韓国語で「善良で知識がある人」という意味。朝鮮王朝時代の男性の中でもっとも理想的な人物とされている。
 実際の彼らは、両班の出身でありながら、礼節を重んじる行動をとることを純粋に守っている人たち。みな優れた学問を修めていても、その教養や知識を権力や社会的地位を得るために使わず、儒教の理念に基づいた、質素でありながら書画や詩を優雅に楽しむような、そんな心やすらぐ生活を送っていた。
 だからといって、中国にいた風流人のような世捨て人になるわけではない。
 ソンビの中には、宮中で働き、国王をサポートする人もいた。しかし、国王とは義理で結ばれた関係なので、ほかの官吏たちのように無条件で従ったわけではなかった。ときには、国王のための諫言が聞き入れてもらえず、その場で辞職して宮中を去る人もいたそうだ。
 それでいながら、いざ戦争となった際には、率先して参戦し、敵軍や和睦や降参を言ってきても、それを無視して最後まで戦った。
 強い愛国心を持って国の繁栄のために頑張る人、それがソンビなのである。

引用元 朝鮮王朝500年の秘密P104より


ソンビ(韓国語 선비)とは、学識が優れて行動と礼節が塗って義理と原則を守って権力と富裕栄華を貪らない高潔な人柄を持った人に対する呼称。特に高麗、李氏朝鮮王朝時代の社会に儒教的理念を具現しようとした階層を示す。ソンビは熱心に勉強して官僚になることができる身分として士農工商で第一身分である士民にあたる。
(一部省略)
ソンビが志向する核心的価値は義理と品格である。ソンビになるためには常に身なりを端正にして、多くの知識をあまねく渉猟しなければならず、驕慢でなく、愛国心が強くなければならない。また志操を正しくして、社会の発展のために辛辣な批判も躊躇わず、大義のためには喜んで命さえ捨てることができる勇気を取り揃えなければならなかった。
引用元 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%93


ソンジュンらしい、といえばソンジュンらしい姿ですね。

コロ先輩も意外といけそう。


けれど、ヨリムには厳しいかも~笑。また、ユニも無理だろうね。女だから、とかいうのではなく野心があるから。彼女は王への忠誠心とか名誉とか義理よりも、ただ純粋に働くことに喜びを見出し、そしてそのことに対して野心を持っている。それはそれで一つの生き方であり、そして、それが彼女の魅力だと思います。


それにしても何故、呼び名がソンビなのだろうか?ゾンビに見えてどうにも仕方がないなぁ・・・トホホ






韓国ドラマ ブログランキングへ

category: 用語・歴史。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

■官僚になるための試験「科挙」の難易度は?  

『トキメキ☆成均館スキャンダル』は科挙制度の流れ・仕組み・その意義を知って眺めるとまた面白いかなーと思います。

そもそも科挙がないどユニとソンジュンは出会うことがなかったでしょうし、成均館に入学するという話も成立しえなかったでしょう。

ドラマでは初めのユニが成均館に入学するまでの流れにより、科挙のあり方を興味深く眺めました。原作本では成均館入学後、官僚になるまでの流れを一通り知りました。言葉だけは頭の中を通り過ぎたのですが、体系的にはイマイチ理解していなかったわたし。。。基本的な流れは下記の要領になるようです。



----------------------------
 科挙受験の流れ(文官)
----------------------------
科挙の流れ
参考朝鮮王朝500年の秘密

基本的にわたしの頭の中では成均館はエリート国家官僚を養成する場、という認識で現代日本で言えば、東京大学に相当するようなところだろう、と認識しています。また「大科」=国家試験ぐらいな超アバウト認識です。が、概ね間違っていないと思います。←多分・・・

 朝鮮王朝で官職につくのは至難の業であった。なぜなら科挙と呼ばれる採用試験に合格しなければならなかったからだ。
 科挙は中国発祥の官吏任用試験で、朝鮮では高麗時代に取り入れられた。科挙には「文科」、「部科」、「雑科」(実務及び技術職)の三つがあるが、文を重んじ武を軽んじる「重文軽武」の風潮があった朝鮮では、「文科」が最も重視された。
 文科の試験は初試(しょし)、覆試(ふくし)、殿試(でんし)と進む。試験は三年に一度しか行なわれず、世祖時代に作られた法令集『経国大典』を見ると、初試で240名に絞られた。
 続く覆試に合格できるのはわずかで、『経国大典』に記された定員は33名。その33名は王の御前で行なわれる殿試を受け、その成績によって甲科3名、乙科7名、丙科23名に振り分けられ、甲乙丙にはそれぞれ正七品、正八品、正九品の暗いが与えられた。
 ではこの限られた枠をめぐってどれだけの志願者が争ったのか。第21代英祖の時代の記録によれば、一度の試験で1万7000人が受験したとある。

 


単純に33を17000で割ると割合として合格率は1%にもなりません・・・汗。それほど科挙に合格すること、エリート国家官僚になることは狭き門であり、かつ、難しい・・・ということでしょうね。

ユニやソンジュン、コロ先輩、ヨリムは超エリート国家官僚になるべく成均館にて勉強していたわけですね♪ちなみにドラマ内で描かれていた不正行為は当時、日常茶飯事としてあった様子・・・汗。

また、初期では誰でも受験することができたが、時代がくだるにつれて受験は両班だけに制限されたようです。


李氏朝鮮の科挙制度

中国ですが・・・

科挙って今で言うとどれぐらい難しいのですか?

回答を読むだけで目がくらみます・・・汗。

下記、中国の科挙についての書物のようですが、是非、読みたい。近所の図書館にあったので次、借りてみよう~♪
【送料無料】科挙改版 [ 宮崎市定 ]

【送料無料】科挙改版 [ 宮崎市定 ]
価格:960円(税込、送料別)








韓国ドラマ ブログランキングへ

category: 用語・歴史。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

プロフィール

カテゴリ

最新記事

訪問者数。

リンク

人気記事ランキング。

amazonでチェックする☆

PR。

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。