『トキメキ☆成均館スキャンダル』に夢中。 ホーム »2012年07月
2012年07月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: --   cm: --

■当時の階級制度。  

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!


基本的に『トキメキ☆成均館スキャンダル』の登場人物は皆、両班階級の人々が主でしたね。

そんな中、ドラマではヨリムは自らが「中人」であることに苦悩と葛藤を抱えている様が描かれていました。そもそもこの「中人」とは何か?両班とは何か?当時の階級制度はいかなるものであったのか?


朝鮮王朝時代は釈迦に身分制度を導入して、厳格な格差を通じて国を治めた時代だそう。そのため、ほとんどの国民は、生まれついた家の親の職業をそのまま受け継ぎ、その地を離れることなく一生を終えることになったそうです。このあたりは日本の江戸時代の士農工商制度とほぼ同じような感覚でしょうか。

以下は基本的に『朝鮮王朝500年の秘密』より抜粋。



---------------
 良人(ヤンイン)
---------------
国王が国民と認めた人。「両班」「中人」「常民」の3つの身分で形成されていた。

■両班 ヤンパン (ソンジュンパパやハ・インスパパ、及びその家族)
両班とは宮中で国王の前に並ぶとき、文官は東側(東班)に、武官西側(西班)に整列するように決められたことから、東と煮士の両方の官吏を指す言葉が語源の、宮中で働く高級官吏たちのこと。 
もともとは科挙に受かれば誰でも両班になれることになっていたのだが、どこの国でも同様の話で、上に立ったもののところにお金が入ってくるのが世の常。両班たちは権力を上手に使いながら、しだいに冨を蓄え、いつの間にか世襲制になっていった。

つまり貴族ではなく、支配階級とか特権階級という考えのほうがしっくりくるのかな、と思われます。


■中人 チュンイン (ヨリム)
文字通り、両班と常民の中間にあたる階級。雑科の科挙を受験できる資格を持っている。
もともとは常民と変わりなかったが、高度な専門知識や技術を代々伝えるうちに、宮中でも重宝され、結果、常民より1ランク上の階級が作られたのだ。
また、このような専門職とは別に中人の身分になった人々もいる。それは両班の妾が生んだ子どもである「庶孼」。彼らは、国の法律によって両班の身分を剥奪され、文官の科挙を受けることができず、「偽両班」と揶揄されていた。そのため、おのずと専門技術職に従事するようになったとのこと。

ヨリムは両班から族譜を買い、つまり他人の系譜を買い、他人の一族に成りすまし、両班となっていたものと思われます、多分・・・汗。だからこそ、成均館に入学し、文官になるための勉強ができたのでしょう。

朝鮮半島の族譜(ぞくふ、チョクポ)は中国の族譜を範としてつくられたもので、朝鮮においては15世紀までさかのぼることができる。
1403年につくられた水原白氏の族譜が現存最古の族譜とされるが、この族譜は序文しか残っていない。両班たちの間に宗族概念が浸透し、祖先祭祀や相続の制度が定まっていく朝鮮王朝(李氏朝鮮)中期の16世紀以降に族譜の編纂が広く行われるようになった。火事に遭った場合、最初に持ち出すのは族譜といわれたほど重要な地位を占めるようになった。
朝鮮の親族集団には、姓と始祖・本貫を同じくする宗族集団があり、その中で有力な人物(著名な学者・政治家など)を派祖とする派と呼ばれるグループに分かれている。「族譜」には、25~30年ごとに派ごとに編纂される「派譜」と、宗族全体を収録した「大同譜」がある。
伝統的な族譜は、宗族の男性構成員について、生没年月日、経歴、配偶者などが記載される。配偶者は姓と本貫のみの記載であり、女子には本人の名が載せられずに夫と子の姓名・本貫が記される。



■常民 サンミン
朝鮮王朝の初期で最も人口が多かったのはこの常民。ほとんどが農民で一部が商人。



---------------
 賤民(チョンミン)
---------------
国民としての社会的地位が与えられていない人たち。お金で売買される場合もある。とはいっても欧米の奴隷とは異なり、働くことにより一定の収入を得ており、中には常民よりも裕福な生活を送っている人もいた。

■奴婢
賤民の中でもっとも人数が多い。
中央政府や地方の役所で働く者を「官奴婢」、両班などの家で働く「私奴婢」という。彼らの主な仕事は雑用全般だが、実入りが多くて常民よりも裕福な生活をしているものもいたらしい。

■芸生 キーセン (チョソン)
賤民とはいえ、宮中の言葉遣いや読み書き、音楽、書画などの芸術や教養を身につけていたため、有名な芸生ともなると、王族や両班と対等に渡り合えるような気位の高い女性もいたのである。また芸生は「一牌」「二牌」「一三牌」と3つの階級に分かれている。
 「一牌」 宮中に仕え、女楽として歌舞を披露する超一流の人たち。今風に言えば、国家公務員に相当する。
 「二牌」 役所や両班の家に出入りする。歌や踊りだけではなく、密かに身を売っていた人たちだ。
 「三牌」 身を売ることが目的の酒場の酌婦をしていた。

他、医女、僧侶、職人がいたようです。僧侶が賤民?と驚きますが、時代と国の違いで身分にも大きく差が出てくるのだわ、と思った瞬間でしょうか。

wikipedia 李氏朝鮮の身分制度



暑い中、オリンピックが始まりましたね。趣味の一つにスポーツ観戦があり、生活が狂いまくっています汗。今は体操団体の予選を見ながら、ハラハラを抑えるようにしてこれを書きました・・・ああ、頑張れ!日本男子!!!






韓国ドラマ ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

category: 用語・歴史。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

■欲しい!『乙女的!韓国新時代劇ガイド』。  



ええ、表題通り。

韓国TVドラマガイド別冊 乙女的! 韓国新時代劇ガイド (双葉社スーパームック)
』が欲しいー!読みたい!!まずは近所の本屋さんで見てみよう笑。図書館にリクエストしようかな~笑。

【CONTENTS】
第1章 「切な系! 最新時代劇を観る」
第2章 「トキメキ☆成均館スキャンダル」で時代劇の乙女的! 観方を学ぶ
第3章 キャラクターに萌ゆる。
第4章 現地直送品! 新発想と役者力にハマる。
第5章 色あせぬ時代劇の名作たち
第6章 時代劇をマニアックに観る。
  ほか
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45304-1.html






韓国ドラマ ブログランキングへ
関連記事

category: メディア。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

■それにしても、チョソンはどこで・・・。  

謎といえば、これも謎。

チョソン_2


あ、その前にチョソンね。wikipediaでは下記の要領に書かれています。


貂蝉(チョソン):キム・ミンソ
長安(チャンアン)一の妓生。容姿の良さから、高官達から寵愛を受けるが、本人は人として接してくれたユニに想いを寄せている。


美しく、気高く、惚れ惚れするような美女、チョソン。朝鮮王朝時代を描いたドラマを見たのはこれが初めてだったわたしはチョソンや妓生の豊かな黒髪や華麗な衣装には目を奪われたわ。日本とは異なる美の様式がそこにはあったのね!と。

それにしてもチョソンがあんまりにも完璧であんまりにも大人の美女すぎて、キム・ユンシクと並んだ姿はなんかチグハグに見えたのが残念だったわ。そういう意味ではチャンイ、ハ・インスと並んだほうがおさまりはよかったわね。彼女がいかにして妓生への道を歩んだのか、そのあたりは曖昧だけれど、妓生として生きていくうえで男のよいところも悪いところも見てしまった部分があったのでしょう。そういった意味で自分を女としてみなかったユニへの思いに捕らわれたのかな、と眺めていました。

それにしてもチョソンのその後が気になるわ・・・ハ・インスと幸せになってくれるといいのですがー涙。



----------------------
 謎
----------------------
上記でもチラっと書きましたが、チョソンが何故、妓生になったのかも分かりませんが、それ以上に謎なのはチョソンがどこでコロ先輩にも匹敵する武芸の達人となったのか、ということ。コロ先輩は並みの武人ではなく、紅壁書として弓矢の名手で武芸も相当な腕前だったのでますます謎は深まるばかり・・・

傷をおった場面で兵曹判書は「傷が治るまで店には出るな。」とかかんとか言っていますが、傷を負うなんて、芸生としては致命的なんでは?とかいらぬ心配をしてしまいました・・・汗。

李氏朝鮮時代の妓生は、官に属する官妓(妓女・ソウルに仕える宮妓と地方の郷妓に分かれる)と、私有物である妓生が存在したが、大半は官妓だったようである。妓生になる女性のほとんどは奴婢であるが、実家の没落・一家離散または孤児となったり、身を持ち崩すなどした両班の娘などが妓生になる場合も多かった。李氏朝鮮の妓生は高麗女楽をルーツにしており、宮中での宴会に用いる為の官妓を置き、それを管理するための役所妓生庁が存在した。一般的に、妓生は両班を相手とするため、歌舞音曲・学問・詩歌・鍼灸などに通じている必要があった。また、華麗な衣服や豪華な装飾品の着用が許され、他国の高級娼婦と同様に服飾の流行を先導する役目もした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%93%E7%94%9F


鍼灸も!?と妙なビックリ。が、どこにも武芸に通じている必要が・・・とかは書いていないですよねー。

なんとなくですよ、なんとなく、チョソンが偽者の紅壁書となった理由は分かります。人間らしく生きたい、と。それはいいのですが、あんまりにも唐突すぎて、リアリティが薄れてしまったのが残念。



----------------------
 原作本との違い
----------------------
わたしはドラマのチョソンも大人の女性でステキだなと思うけれど、一方で原作のチョソンも好きです。

原作のチョソンは感情的で素直でちょっと怖い・・・笑。でも、ユニはそんなチョソンの美と知を大いに賛美し、彼女との交流を楽しんだ。男が何故、彼女の前にひれ伏すのか分かる、と認めている。何しろ、ヨリムと一緒に連れ立って牡丹閣を訪問しているぐらいだしねー。

「わたしは男の金を食って生きているけれど、男の徳は見たことのない星回りなの。」


ドラマはそのあたり、完全にユニが受身なのが残念だったわ。







韓国ドラマ ブログランキングへ
関連記事

category: 登場人物。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

プロフィール

カテゴリ

最新記事

訪問者数。

リンク

人気記事ランキング。

amazonでチェックする☆

PR。

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。