『トキメキ☆成均館スキャンダル』に夢中。 ホーム » スポンサー広告 » 2話「決意の日」。 »■第2話『決意の日』~トキメキ☆成均館スキャンダル。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: --   cm: --

■第2話『決意の日』~トキメキ☆成均館スキャンダル。  

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話
わたしがユニならこの場面でもうソンジュンにフォーリンラブ☆

個人的に本格的に面白くなってきたのはこの第2話からかもしれません。

ユニ(キム・ユンシク)がいかにして成均館に入ることになったのか。そして、成均館での生活がいよいよ始まる・・・何よりもイ・ソンジュンの融通の利かなさ、世渡りベタなところが見えてきて萌え~モードに入ったかも笑。まだ、見ていて純粋におお、これからどうなるの~と楽しい時期ですね。ソンジュンとユニはラブストーリーのお約束通り、お互いにツンケンしているし笑。

第2話 決意の日
ユニはソンジュンから言われ、弟の名前で試験を受ける。答案用紙を見た正祖(チョンジョ)は怒り、ユニに説明を命じる。ユニは代理試験のことを告白し謝罪すると、ソンジュンは貧しいから世に出る資格がないと思っているユニのために、自分が代理受験を依頼したと正祖に明かす。正祖が2人に成均館の入学を命ずると、思ってもみない展開に当惑するユニ。母とも相談し、男として成均館に入ることを決意する!






雨の中、官軍から必至に逃げるユニとソンジュン。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 1

巨擘(コビョク) 代わりに科挙を受けること。今で言う替え玉受験



官軍が去った後、「巨擘(コビョク)でいるには惜しい文才だった。科挙を受けろ。僕の衣じゃなく答案用紙に志を書け」とソンジュン。

しかし、ユニは受ける気など毛頭ない。女の身で科挙なんて・・・

「貴賎の差や党派に関係なく実力があれば官職に就けると本当に思っているのか?僕は朝鮮がそんなに立派な国だとは思わない。」

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 2

とあくまでも科挙受験を突っぱね、とにかく50両を渡せ、と。そして、「キム・ユンシク」の名を告げ、貰冊房に届けろ、と。

このとき、ユニは科挙の試験を受けるなど夢にも思っていなかったのだろう。科挙はただ、毎日、生きていくためのお金を稼ぐ手段でしかなく、いずれは弟ユンシクが受験する場だ、と。このあたりのくだりがかなり原作本と違いますが、わたしはいずれも好きです。ドラマはドラマで初めは抵抗していたユニがやむを得ず、成均館に入り、勉強することの喜び、楽しみを見出していく過程を見るのは好きです☆


トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 3

雨の中、憂いに沈むソンジュン。ただ好みなので貼り付けてみました。「キム・ユンシクは科挙を受けるだろうか・・・」と悩んでいるに違いない!


王宮にて。「初試(一次試験)で大胆な奴がいたそうだな。左議政の息子だと聞いたが・・・初試ぐらいと軽んじていた余が恥ずかしい」と王。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 4

力を入れるつもりだ。そのために、王の前で行なう科挙、親臨試(チルリムシ)を行なう、とのこと。そこではいかなる不正も許さないと誓う王。



貰冊房にてユニ。ソンジュンが約束の金を持ってきていないことにため息をつくが、その時、貰冊房の主人がそっとユニの耳に・・・巨擘の依頼がきました、と。驚くユニ。親臨試なのに!?と。だが、お金が欲しいユニはその依頼を受ける。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 5

命をかけることのよう。揺れるユニ。


兵曹判所から輿入れの迎えがくる。ユニは決断する。巨擘になる、と。命をかけて自らの自由を掴み取ろうとして、弟ユンシクと入れ替わる。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 6

ユンシクが輿に乗り、ユニは科挙の試験会場へ向った。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 7

依頼人のほうから声をかけるということだったが、それらしき人物は見当たらず、きょろきょろするユニ。そこへ後ろから声が。振り返るとそこにはイ・ソンジュンが居た。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 8

王のいる前で巨擘とはたいした度胸だな・・・とソンジュン。そしてやおら手をあげる。「ここに試験場を汚す者がいます!」と。「試験場を汚す不届き者は誰か!」と問いただすユ博士にソンジュンは「私です。」と告げ、ユニがソンジュンに声をかけられ、驚きのあまり汚した試券を汚していたのだ。

「では確認が必要だ。身分証を見せよ。」

どうしようもなくなったユニは弟キム・ユンシクの名前が書かれた身分証を差し出した。そして、白紙提出も叶わないことを知り、覚悟を決め、ユニは書き上げた。。。提出後、ソンジュンに金を返してもらっておさらばだと思っていたユニの目のまえで試験会場の扉が閉じた。そして、即日、王が自ら合格者を発表される、と聞き、ユニの頭の中は真っ白になった・・・どうしよう!と。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 9

「キム・ユンシク」

と名をよばれたユニ。王の前に平伏する。王はユニの答案を読み、「余を侮るとは命が惜しくないのか?」と激昂する。ユニはただ「申し訳ありません」と謝るのみ・・・試験の内容は何か?と王。

“仁”と“知”の字をもちいて宮仕えに対する志を書くことです、とユニ。

古文も覚えるほど知識はあるが、その知識をもって巨擘をするために来た。
断念したので法に背いた罪びとではないが、仁の心にかけるゆえ宮仕えする資格はない。


そちを巨擘に雇ったのは誰だ、と王。答えられずにいると、ソンジュンは「わたしです」と立ち上がった。王は「そちの試券は非の打ち所がない。それなのに巨擘を雇うとはおかしな話だ」と。

「キム・ユンシクはわたしが雇いました。このものはあらゆる学問に精通し、民を思いやれる心の持ち主です。しかし、自らの境遇や党派を理由に科挙は受けないと申したので・・・」

「そなたが、機会を与えたというのか?キム・ユンシクに。」

「それはわたしのためでもあります。この者が、己の実力を持ってしても合格できないのなら、宮廷が出自と党派によって人材を選ぶのなら・・・そしてそれが本当にこの朝鮮の現実であるなら、私も出仕はしないつもりでした。」

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 10

「つまり・・・余を試そうとキム・ユンシクを巨擘に雇った。そういうことだな?・・・許さぬ!」

もっとも思い罰として成均館に入り、寮生活を送り、勉学に励め。そしてその正しい志を保ち、早く余のもとへ来い、と。これは王命である、と。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 11

ユニは頭の中で倒れ、か弱いフリをして逃げるなどシュミレーションをたてますが(笑)、現実には何もできず、ただ頷くしかなかった。おまけに王に「そなたの顔は一度見たら忘れられぬ。美しい顔だ。」とまでは言われては・・・汗。


試験後、ソンジュンはユニを捕まえ、「僕が初めて認めたその文才なら必ず合格すると思っていた。」とこれまた傲慢なことを・・・汗

ユニは怒った。「僕は立派な出仕とか立派な国とかには興味がないと言っただろう!」と。それに対し、「世の中をうらむばかりで機会を逃すとは・・・情けない奴。」と吐き捨てた。それよりも金!とユニ。ソンジュンはユニに利子も含め52両渡す。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 12

病気の弟のためになるぞ!さらに生活費も支給されるぞ!とソンジュン。


ユニはその言葉を振り切るようにして、貰冊房へ向った。50両を渡す。すると、貰冊房の主人の口から「若様に今後の仕事の依頼を考えて・・・前金として50両を渡す。」と。実はそのお金はソンジュンが裏から手を回したものだった。。。


トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 13

父から成均館入りを祝福されるソンジュン。一方、ユニは・・・

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 14

母に切々と訴える。自分らしく生きたい、と。安値をつけて自分を差し出したくないの。成均館にいけばユンシクの薬も手に入る。筆写で稼げるし、生活費も出る、いつも借金におわれて惨めに生きるよりもよっぽど人間らしく生きられる、と。それを聞いていたユンシクは「僕からも頼む・・・」と。


ユニが成均館入りをする日。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 15

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 16

母の言葉が胸に響いたわ。お前が行きたいと言うからいかせるのじゃない。母が行かせるのよ。だから全ての罪はこの母にある・・・と。

「キム・ユンシクの名に恥じないように・・・」


トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 17

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 18

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 19

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 20

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 21

成均館の中を歩くユニ。なんか楽しそうね!全寮制ってwww経験がない世界だけに憧れます☆


一方、ソンジュンは捕まっておられます。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 22

「だから君も私を家族と思っていつでもたずねてきなさい」

そんな大司成に・・・

「大司成様が父と血縁関係にあると詐称し、賄賂によって便宜を図るよう頼み、寮生活をせよという王命に背くよう仕向けたと・・・そのように伝えます。今後、いかなる特別待遇もお断りします!」

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 23

それが原則だから笑。


部屋割りが発表される。ユニは何の因果か(笑)、イ・ソンジュンと同室に・・・涙。そして、もう一人ムン・ジェシン(コロ)はといえば・・・

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 24

だそう笑。とはいえ、この人、ほとんど部屋にいないから安心して!あと、ノロンのソンジュンは別部屋にいくよ!とヨリム。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 25


が、割り当てられた部屋に行くと何故かソンジュンがいる。「ノロンはここじゃない!西斎に行くはずだ!」と叫ぶユニに出た、原則の二文字が笑。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 26

その時、ついに始まった!新入生歓迎の儀式、新榜礼が!!!!って何やろうと眺めているとなかなか凝っている様子でフツーにやれば楽しそうなんだけれどなーなんでいじめっぽくなるんだろうか?

新榜礼(シンバンネ) 新入生が先輩に初めて挨拶する場。今で言う新歓コンパ。



トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 27

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 28

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 29

「我ら先輩に美味なる植物を捧げよ!」

ユニは母が持たしてくれた草もち(?)をさしあげたが、先輩に振りはらわれる。これは人間が食べるものではない、と。

「学問を学び、真理を追求するのが学士のはずです。尊経閣の書物に、質素な食べ物は粗末に扱えとありますか?」

そこへソンジュン、「確かにこれは食べ物ではない」と。これは・・・将来、先輩がいたわるべき民の苦労の結晶です。と。

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 30

「両班が食べられるか!」と怒鳴る先輩に対し、ソンジュンは一口食べる。そして「両班としての体面は捨てました。しかし・・・人としての道理は捨てません」と。そこへヨリムがわってはいる。民の苦労の結晶だから皆、ひと口ずつ食え、と。

しかし、ソンジュン VS チャンイ、ハ・インスはバチバチと火花を散らせる!

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 31

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 32
うきゃー格好いい、ソンジュン様ー独り言

トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 33

但し、任務を遂行できなかった者は、服を脱がされ、泮水橋から突き落とされるか退学を命じられるそう。女の身であることを隠しているユニにとっては早速大ピンチ、何がなんでも任務を遂行しないと!


それぞれ任務のために走る新入生たち。ユニはソンジュンの後を歩く。「まだ密名を解いていないのか?」「助けてくれる仲間もいないの?」と。そして、ソンジュンに「ありがとう」と。僕をかばってくれてありがとう、と。ソンジュンは原則を守っただけだ、とそっけない。


呂布の愛する女人は花王が守る。
その女人の絹の下着に情を込めてこい。


呂布(りょ ふ、? - 建安3年(198年))は中国後漢末期の武将・群雄。字は奉先。
戦乱の後漢末期にあって群を抜く武勇を誇った。『三国志演義』等、三国志関係の物語等では最強の武将として描かれる。


牡丹閣(モランガク)の妓生(キーセン)チョソンの絹の下着を取って帰る、ということ?と気づいたユニは牡丹閣へ向う。

 
一方、ソンジュンは・・・


花中君子は蓮の花
その中で最も満開の芙蓉花(プヨンファ)を折れ


と。

それぞれ任務は解けるのだろうか・・・。


トキメキ☆成均館スキャンダル 2話 34

チャンイ・・・確かに同じノロンだからこそ、イ・ソンジュンを潰したくなるのでしょうね。



今回のソンジュンはやたらと原則、原則、原則男そのものでしたね笑。それも若さゆえの一途さだと思えば全てがステキ☆←頭がオカシイ

ユニとソンジュンは反目しあいながらも、お互いに相手の才覚、心根に渋々ながらも認め合っていっている感じですね~嫌な奴!でも、意外といいところあるかも・・・みたいな。王道の恋愛パターンでしょうか!?



次 >> ■『トキメキ☆成均館スキャンダル』 第3話『最初の課題』。



韓国ドラマ ブログランキングへ

category: 2話「決意の日」。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://songyungan.blog.fc2.com/tb.php/29-d9101c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

訪問者数。

リンク

人気記事ランキング。

amazonでチェックする☆

PR。

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。