『トキメキ☆成均館スキャンダル』に夢中。 ホーム » スポンサー広告 » 用語・歴史。 »■官僚になるための試験「科挙」の難易度は?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: --   cm: --

■官僚になるための試験「科挙」の難易度は?  

『トキメキ☆成均館スキャンダル』は科挙制度の流れ・仕組み・その意義を知って眺めるとまた面白いかなーと思います。

そもそも科挙がないどユニとソンジュンは出会うことがなかったでしょうし、成均館に入学するという話も成立しえなかったでしょう。

ドラマでは初めのユニが成均館に入学するまでの流れにより、科挙のあり方を興味深く眺めました。原作本では成均館入学後、官僚になるまでの流れを一通り知りました。言葉だけは頭の中を通り過ぎたのですが、体系的にはイマイチ理解していなかったわたし。。。基本的な流れは下記の要領になるようです。



----------------------------
 科挙受験の流れ(文官)
----------------------------
科挙の流れ
参考朝鮮王朝500年の秘密

基本的にわたしの頭の中では成均館はエリート国家官僚を養成する場、という認識で現代日本で言えば、東京大学に相当するようなところだろう、と認識しています。また「大科」=国家試験ぐらいな超アバウト認識です。が、概ね間違っていないと思います。←多分・・・

 朝鮮王朝で官職につくのは至難の業であった。なぜなら科挙と呼ばれる採用試験に合格しなければならなかったからだ。
 科挙は中国発祥の官吏任用試験で、朝鮮では高麗時代に取り入れられた。科挙には「文科」、「部科」、「雑科」(実務及び技術職)の三つがあるが、文を重んじ武を軽んじる「重文軽武」の風潮があった朝鮮では、「文科」が最も重視された。
 文科の試験は初試(しょし)、覆試(ふくし)、殿試(でんし)と進む。試験は三年に一度しか行なわれず、世祖時代に作られた法令集『経国大典』を見ると、初試で240名に絞られた。
 続く覆試に合格できるのはわずかで、『経国大典』に記された定員は33名。その33名は王の御前で行なわれる殿試を受け、その成績によって甲科3名、乙科7名、丙科23名に振り分けられ、甲乙丙にはそれぞれ正七品、正八品、正九品の暗いが与えられた。
 ではこの限られた枠をめぐってどれだけの志願者が争ったのか。第21代英祖の時代の記録によれば、一度の試験で1万7000人が受験したとある。

 


単純に33を17000で割ると割合として合格率は1%にもなりません・・・汗。それほど科挙に合格すること、エリート国家官僚になることは狭き門であり、かつ、難しい・・・ということでしょうね。

ユニやソンジュン、コロ先輩、ヨリムは超エリート国家官僚になるべく成均館にて勉強していたわけですね♪ちなみにドラマ内で描かれていた不正行為は当時、日常茶飯事としてあった様子・・・汗。

また、初期では誰でも受験することができたが、時代がくだるにつれて受験は両班だけに制限されたようです。


李氏朝鮮の科挙制度

中国ですが・・・

科挙って今で言うとどれぐらい難しいのですか?

回答を読むだけで目がくらみます・・・汗。

下記、中国の科挙についての書物のようですが、是非、読みたい。近所の図書館にあったので次、借りてみよう~♪
【送料無料】科挙改版 [ 宮崎市定 ]

【送料無料】科挙改版 [ 宮崎市定 ]
価格:960円(税込、送料別)








韓国ドラマ ブログランキングへ
関連記事

category: 用語・歴史。

thread: 韓国ドラマ

janre: テレビ・ラジオ


スポンサーリンクスポンサーリンク
tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://songyungan.blog.fc2.com/tb.php/48-f77960de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

訪問者数。

リンク

人気記事ランキング。

amazonでチェックする☆

PR。

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。